コーギーの飼い方としつけ~コーギーの性格や特徴を知ろう~

よくゲームセンターや色々な景品などのぬいぐるみ等にも使われる事もあり、非常に高い知名度もあり人気がある犬種が、今回紹介するコーギーです。

実際の正式名称をウェルシュ・コーギー・ペンブロークというほとんどの人が知らずコーギーで世間的には通っています。

スポンサードリンク

コーギー自体も、その見た目はダックスフンドと似ているという特徴を持っています。
胴が長く、脚が短く、そして顔が大きめという特徴を持っています。

コーギーの簡単な特徴

原産国 イギリス
体重 約10~12キロ前後
体の大きさ 約25cm~30cm前後
しつけやすさ
人なつこさ
活発度
番犬向き度

もとは牧羊犬として活躍していた

コーギーは、もとは牧羊犬としての役割を持っていた犬種いなります。

牧羊犬であった事から、見た目の体型とは裏腹に、運動量は少ないわけでもなく、走る速さも早いという特徴を持っています。

そして、牧羊犬として使われる事からもわかるように、頭が良い犬ですし、飼い主に非常に忠実という性格でもあり、人見知りや怖がったりという事をあまりせず、非常に社交性が高い犬種でもあります。

そのためコーギーは飼いやすい犬としてもよく紹介されていたりします。

こういったコーギーを飼う場合には、その性格をしっかりと踏まえて理解した上で飼っていくようにしましょう。

牧羊犬であった事から、非常に散歩などの運動が好きですので、散歩に連れて行って運動をしっかりとさせてあげる必要があります。

しつけでは、非常に頭が良い犬種でもあり社交性が高いですから、そうそう言う事を聞かずに困るという事もそこまで頻繁にあることではないかと思います。

しっかりと基本的なポイントをおさせておけば、しっかりと賢い犬に育ってくれるはずです。

とはいえ、全てのコーギーが社交的で人見知りもせず頭が賢くて飼いやすいとは限りません。
そういう傾向があるからといって、少し違ってもがっかりしたりイライラしたりしないよう注意しましょう。

スポンサードリンク

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加