ダックスフンドの性格や特徴を知り正しいしつけと飼い方を実践しよう

ダックスフンドと言えば言わずと知れた犬種でも非常に人気が高く常に人気のトップランクの上位にいるほどです。

胴長で短足という人間であればマイナスポイントまっしぐらな特徴ですが、犬ならとても可愛らしく人気を集めています。

スポンサードリンク

最近ではダックスフンドを一回り小さくなったミニチュアダックスフンドも人気があり、犬を飼っている人の何人かに1人くらいは、ダックスフンドを飼っているのでは?という程に多くの人に愛されています。

ダックスフンドの簡単な特徴

原産国 日本
体重 約10キロ前後
体の大きさ 約40cm前後
しつけやすさ
人なつこさ
活発度
番犬向き度

愛くるしい姿とは裏腹に、狩猟犬という特徴を持つ

ダックスフンドは、非常に愛くるしい姿でその歩く姿などを見て一目惚れして飼うと決める飼い主も後を絶たない程ですが、実は本来はアナグマ用の狩猟犬になります。

ですから、その見た目の愛くるしさとは逆に、非常に気が強い性格をしています。
そして、アナグマ狩用の犬いなるため、非常に勇気がある犬でもあります。

こういった特徴を持っていますので、番犬などにも非常に適していると言われている犬なのです。

非常に家族思いな特徴も

ダックスフンドは非常に家族思いな特徴も持っています。
逆に言えば、初対面の人間などには、どちらかと言えばすぐ懐いたりはせず、向かっていったり敵と思ったりする一面も持ち合わせています。

そのため、あまり社交性がある犬ではありません。

ダックスフンドを飼っていく際には、家族思いという特徴をしっかりと理解しましょう。
家族全員が、犬と信頼関係を築き、全員がリーダーとして振る舞って関係を構築する必要があります。

しっかりと信頼関係を築いて、犬にとっての家族になれば、しっかりと言う事を聞く犬になります。

また、そうなっていないと、他人に向かっていきやすい性格をしていますから、そういった時に言う事を聞かないといった事態になってしまう恐れもあります。

とはいえ、ダックスフンドは非常に人気が高い犬種です。
最近では純ダックスフンドも多いですが、それと同じくらい色々な犬種とミックスされていて、特徴も多岐に渡っている事もありますので、あくまでも参考という感じで捉えておきましょう。

スポンサードリンク

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加