まだ子犬の小さい時からしっかりとしつけを。
子犬の時にしつけられた犬は賢く愛される犬になります。

子犬ならではのしつけの方法を解説します。
子犬だからこそ出来る事や、いつからはじめるべきなのか、噛み癖やトイレなど子犬のうちに出来るだけしっかりとしつけて成犬になるように、飼い主がしっかりと導いてあげましょう。

スポンサードリンク

子犬のしつけのコンテンツ一覧

主従関係こそ子犬の時にしつけましょう
犬のしつけにおいて、リーダーは誰なのかを教える必要があるというのを基本のところで口を酸っぱくして言っ ...
子犬の時に、あらゆる環境に慣れさせておく
ペットとしての犬は人間と違って、生まれてすぐ母犬とは離ればなれになり、人間と生活をしていかなければな ...
子犬はしつけの適齢期だからこそしっかりと
子犬というのはしつけの適齢期と言われています。 よく言われているので、聞いた事があるという方もいる ...
子犬だからこそ、出来るしつけはしておく
子犬と言えば、ただでさえ可愛いはずの犬が、より小さくいですし、可愛くて、特に甘やかしたくなってしまう ...

スポンサードリンク

子犬のしつけのまとめ&ワンポイント

子犬と言えば、どんな犬もより一層可愛く見えてしまう時期でもあります。
特に姿も小さく鳴き声や力なども成犬よりも弱いため、飼い主自身に痛みや苦痛を伴う事がなく、どちらかと言えば人間は可愛いと思ってしまうほどに子犬は可愛く見えてしまいます。

ですが、子犬の時だからこそ行わなければいけませんし、行うべきなのです。
ことわざのような「可愛い子には旅をさせろ」と言うわけではありませんが、可愛い子犬だからといって甘やかしすぎずすべきしつけはしっかりと行うようにするのがベストです。