マルチーズを飼う方のためのしつけに活かせる特徴や性格を解説

マルチーズと言えば、見た目からの愛くるしい姿もあって、非常に日本でも飼い犬として人気の高い犬の種類の1つです。

実際、性格も穏やかな方ですし、イタズラも少ない方ですので、マンションやアパートなどでの室内犬として飼うにはとても適しています。

スポンサードリンク

マルチーズは、運動量も、飼い主と一緒に近所の散歩に同伴するだけでも十分なので、とても買いやすい犬種です。

トイレトレーニングなどでも覚えやすく、明るく活発な性格で、時には飼い主さんが振り回されることもあります。
ですから、甘やかしすぎず、叱る時には叱り、誉める時には誉めるの」と、しっかりしつけをしましょう。

マルチーズの簡単な特徴

原産国 マルタ
体重 約2~3前後
体の大きさ 約25cm前後
しつけやすさ
人なつこさ
活発度
番犬向き度

マルチーズのしつけや性格について

マルチーズは、白く美しい毛を持つ特徴を持つからこそ、やはり毛の手入れが大切です。
シャンプーやブラッシングはこまめにしてあげる必要があります。

定期的にトリミングへ行く必要がありますが、夏は大変なのでショートカットにした方がいいでしょう。

また、気をつけなければいけないのは、涙やけしやすいので気をつけてください。

色が染み付いてしまうと、なかなかとれないので、こまめに、ぬるま湯で複うにしてください。
食事の量は、子犬のうちは1日に3回、成犬になったら、1日に2回ぐらいあげてください。

又、小型犬に多いのですが、無駄吠えがかなり多いので、うるさく感じることが多いかもしれません。
これはある意味では番犬にも適しているという事が言えるかもしれません。

来客に吼えるのは、マルチーズに飼い主を守るための行為ですが、しかし他人にとっては迷惑になりかねません。
他は、何かを”要求”するために吼えているので、しつけるには、要求には応じないで完全無視することが大切です。

無駄吠えを始めたら「ダメ!」と注意して、やさしく上をむけるように下顎をつかみ口をとじさせます。

この口を閉じ、吼えないときを見計らって、すかさず褒めてやりましょう。
無視と制止を順番に行い、飼い主との上下関係を教えてコントロール出来るようにしていきましょう。

スポンサードリンク

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加