シーン別解説 - 留守番中の犬が無駄吠えをしていた時の対処法

どれだけ可愛かろうとも、やはり犬を留守番させる機会というのはどうしても出てきます。

買い物だったりお出かけ中に犬を留守番させる時、こういう時にも意外と無駄吠えをしている場合があります。

犬が留守番をしている時は、飼い主である自分は外に出て見ていないため、なかなか無駄吠えに気付けないものです。

スポンサードリンク

そして、無駄吠えをしていたとしても、誰もいないから、それを制したり何かをアクションする人もいないため、犬自体もそれがダメと気付く機会がないという事でもあります。

まずは留守番についてを覚えさせる

そもそも留守番をした事がない犬は、いきなり留守番をさせられると、置いて行かれた、捨てられたと思うかもしれません。
ですから、無駄吠えのしつけというより、しっかり留守番を覚えてもらう事が大切になります。

そうする事で、必然的に留守番時の無駄吠えはなくなります。
というのも、多くがこの寂しさや、置いてかないで、構って欲しいという事で吠える事が多いからです。

人間も、小さい頃は家に1人置いておかれると寂しさや不安から泣いてしまったりという記憶や経験がある人も多いのではないかと思いますが、それと同じです。

まずは寂しさや不安を解消させる事から

ですから、寂しくないよ。置いていったんじゃないよ。といった事を犬にわかってもらう必要があります。

では、何をすれば良いのかというのは色々な方法がありますが、ここでは簡単な方法を紹介しておきたいと思います。

テレビやラジオを近くに置く

留守番している犬が寂しがったり、不安になったり、置いて行かれたと少しでも思わないように、テレビやラジオなど、音がするものを近くに置いてあげるのも効果的です。

少し広めのケージを用意してあげる

留守番をさせる時には、少し広めに用意してあげると良いと言えます。
これは、犬が寝たりする時の、数倍のスペースとなるくらいの広さにしてあげましょう。

その時、おもちゃなどを入れてあげたりすることで、犬の気分的には少しストレス軽減や意識がそちらに行く事で、寂しさが紛れます。

帰ってきた時、留守番をしていた事を褒めて構ってあげる

帰ってきたら、しっかりとよくお留守番ができましたね!と褒めてあげましょう。
そうすると、しばらく自分だけになっても、飼い主が帰ってきたら構ってもらえると犬は覚えていきます。

定期的に繰り返す

犬は賢い生き物ですから、ある程度繰り返す事で、何をすればどういう事になるというのを覚えていきます。

極端な話、散歩という単語を話しただけで自ら散歩に行く用意をするなんて事も普通に起こっていきます。

ですから、留守番も大きめのゲージに入れて、留守番をするんだよという事を繰り返して意識させる事で、あ、今からは留守番なんだなと犬に意識をさせて行く事も可能になっていきます。

留守番時に吠えているかどうかの前に、このように留守番についてをまずはしっかりしつけていく必要があります。

留守番をさせて無駄吠えをしているかは、周りの方などに聞いたりして判断しましょう。
そして、それでもしていたら、もう一度、しっかり留守番についてを覚えてもらうようにしましょう。

スポンサードリンク

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加